大腸がんを早期完治【生活の変化でバランスが崩れる】

医者

現代人に多い

脳梗塞増加の原因

悩み

近年、脳梗塞を発症する日本人が増えています。その大きな理由として考えられるのが、食文化の変化です。 脳梗塞の予防には、DHAとEPAという栄養素を摂取することが有効だとされています。DHAとEPAは、青魚に多く含まれています。昔の日本人は魚を多く食べていたので、自然と脳梗塞の予防ができていました。しかし、現代の日本人は昔ほど魚を食べていませんので、脳梗塞を発症する人が増えているのです。 変化してしまった食文化を以前のように戻すことは中々難しいことでしょう。そこで現在、役立つ存在となるのがサプリメントです。サプリメントは、食事では摂取が不十分な栄養素を補ってくれる栄養補助食品です。DHAとEPAのサプリメントもありますので、それを摂取すれば食事を変えなくても脳梗塞の予防ができるのです。

DHAとEPAの役割

では、具体的にどのような効果があるのかというと、DHAは血液をサラサラにする効果があり、EPAには血管を柔らかくする効果があります。 脳梗塞は脳が壊死してしまう恐ろしい病気なのですが、その原因は脳に血液が流れないからです。どうして血液が流れないのかというと、動脈が詰まってしまうからです。そして、どうして動脈が詰まってしまうのかというと、血液がドロドロであり、また動脈が硬くなってしまっているからです。ですから、DHAとEPAの摂取は脳梗塞の予防になるのです。 脳梗塞の予防には、DHAとEPAを同時に摂取することが望ましいとされています。そういったことから、DHAとEPAそれぞれ単独のサプリメントもありますが、両方含んでいるサプリメントもあります。